2017年4月23日日曜日

2017年4月24日~4月28日の日経平均予想

日経平均一目均衡表(日足)チャート2017年4月21日
先週の日経平均は反発。週前半は方向感のない展開だったが、国内年金や機関投資家(生保)の買いが入ったことや、週後半は再びトランプ政権に期待する動きから米国株が上昇し、日経平均も5週ぶりに週足で陽線となった。日経平均は週ベースで285.12円の上昇。

今週の株式市場は揉み合いか。チャートは底入れっぽい形になったが、投げが出なかったこともあり、上値の重い展開が続きそうだ。上は日足基準線18,922円、下は昨年12月の安値レベル18,250円が目先のレジスタントとサポート。フランス大統領選は極右と極左の2人が決選投票に残らなければ概ね好感か。

日経平均の上値抵抗としては、日足基準線18,922円、心理的節目19,000円、日足雲下限19,159円日足雲上限19,349円。下値サポートとしては、日足転換線18,496円、12月安値水準18,250円、心理的節目18,000円、月足基準線17,908円など。

東証1部全銘柄 予想PER16.44倍 予想PBR1.24倍 予想配当利回り1.75%

今週の予想レンジ:18,200円~19,000円

更新日 2017年4月23日 株・個人投資家の喫茶店

2017年4月16日日曜日

2017年4月17日~4月21日の日経平均予想

日経平均一目均衡表(日足)チャート2017年4月16日
先週の日経平均は5週続落。米雇用統計を受け週初は反発したが、その後は地政学リスクの高まり、トランプ大統領のドル高牽制発言、アフガニスタンへの空爆などが嫌気され、日足転換線すら一度も上回れず連日で年初来安値を更新した。日経平均は週ベースで329円の下落。

今週の株式市場は上値の重い展開か。現状、アメリカが北朝鮮を先制攻撃する可能性は限りなく低いと思われるが、突破的な衝突の可能性は残るだけに当面は警戒モードが続きそうだ。トランプ大統領のドル高牽制発言は今に始まったことではないが、これ以上円高が進むようだと来期の増益予想が崩れ、株価の割安感も無くなってくる。昨年12月の安値18,250円レベル(11月24日の窓埋め)で止まれないようだと、月足基準線17,908円や、200日移動平均線の17,859円などが意識される。

日経平均の上値抵抗としては、日足転換線18,616円、日足基準線18,971円、日足雲下限19,159円、日足雲上限19,284円。下値サポートとしては、12月安値水準18,250円、心理的節目18,000円、月足基準線17,908円、200日移動平均17,859円など。

東証1部全銘柄 予想PER16.12倍 予想PBR1.22倍 予想配当利回り1.79%

今週の予想レンジ:17,900円~18,900円

更新日 2017年4月16日 株・個人投資家の喫茶店